「サンゴの村宣言」普及啓発アニメ完成!

 「サンゴの村宣言」プロジェクトの一環で制作した普及啓発アニメーションが完成しました。

第1話
                        
                                                            
第2話
                        

恩納村はこれまで、サンゴ養殖・植え付けをはじめとした関係者を中心に取り組みを継続して実施してきました。
その取り組みは関係者の中にとどまっており、「地域住民の普及啓発」が行き届いていないことが課題でした。
その課題を解決する一つとして、「サンゴの村宣言」のキャラクターである『Sunnaちゃん』を活用したアニメーション制作に取り組み、シナリオづくりからアフレコまで、村内事業者や村民の方に参加していただきました。およそ2年間にわたり試行錯誤しながら、参加者のみなさんと一緒に作り上げてきました。【事業経過はこちら】
この普及啓発アニメーションはYouTubeで公開しますので、どなたでも見ることができます。また、保育所や学校、事業者の方などにも活用していただき、自然環境保全の普及啓発のツールとしていただければ幸いです。
3月末にはこのアニメーションを原作とした絵本を作成します。第2話も3月末には完成予定です。
この事業は、「沖縄県サンゴ礁保全再生地域モデル事業」と「ふるさとづくり応援寄付金」を活用しています。

完成発表会

 3月3日、普及啓発アニメーション第1話の完成発表会が恩納村役場で開催されました。完成発表会ではアニメ制作ワークショップの参加者やアフレコを担当した朗読サークル「ぼーの」のみなさん、恩納保育所の園児約20名が参加し、Sunnaちゃんと一緒に完成した動画を視聴しました。
 ワークショップ参加者の佐藤佳代さんは園児に問いかけながら、「サンゴが生き物だということが伝わってよかった。今後も活動を続けていきたい。」と話し、また、朗読サークル「ぼーの」の吉山佳子さんは、「このような素晴らしいプロジェクトにかかわることができてうれしい。次作が楽しみ。」と話した。
 園児からは、「サンゴは何を食べているの?」「サンゴは何で海の中にいるの?」などの質問が上がり、興味を示していました。

開会のあいさつをする恩納村サンゴ礁保全再生活動地域協議会 会長 山城正巳

恩納保育所の子どもたちと一緒に

白化した自分の姿を見るSunnaちゃん...

ワークショップ参加者の佐藤佳代さん

朗読サークル「ぼーの」の吉山佳子さん

子どもたちの質問におとなも焦る...

全員で記念撮影♪
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは企画課が担当しています。

〒904-0492 沖縄県国頭郡恩納村字恩納2451番地
TEL:098-966-1201  

ページのトップへ