国民健康保険の概要

国民健康保険のしくみ

国民健康保険(国保)は、病気やけがに備えて加入しているみなさんがお金を出し合い、医療費などにあてる社会保障制度です。
沖縄県と市町村が共同で運営しています。

国民健康保険に加入する人

職場の健康保険、後期高齢者医療制度で医療を受けている人や生活保護を受けている人を除いて、すべての人が国保に加入します。
●お店などを経営している自営業の人
●農業や漁業などを営んでいる人
●退職して職場の健康保険などをやめた人
●パートやアルバイトなどをしていて、職場の健康保険などに加入していない人
●3か月を超えて日本に滞在するものと認められた外国籍の人(医療滞在ビザで入国した人、観光・保養目的の在留資格を持つ人などは除く)

70歳以上75歳未満の方

70歳になると、自己負担割合や自己負担限度額が変わり、自己負担割合が記載された「保険証兼高齢受給者証」が交付されます。
適用は、70歳の誕生日の翌月(誕生日が1日の人はその月)から75歳の誕生日の前日までです。
70歳以上75歳未満の方の自己負担割合
●一般、低所得者Ⅰ、Ⅱ・・・2割
●現役並み所得者Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ・・・3割
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは健康保険課が担当しています。

〒904-0492 沖縄県国頭郡恩納村字恩納2451番地
TEL:098-966-1217  

ページのトップへ