仲泊

自治会情報

仲泊のマップイメージ

仲泊は、首里、那覇と名護、国頭のほぼ中間地点にあたり、旅人がここで一泊したことから、その地名がついたといわれています。王府時代には近隣村の産物が山原船によって、那覇方面に運ばれ、明治43年県道が仲泊まで開通してからは客馬車の終点、起点として栄えました。国指定史跡の仲泊遺跡があります。

避難場所

災害時の避難場所地図 こちらからご覧ください。(別ウィンドウ)

各字公民館の連絡先はこちらから

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ