1. 沖縄科学技術大学院大学の紹介

沖縄科学技術大学院大学の紹介

OISTとは

 沖縄科学技術大学院大学(OIST)は5年一貫制の博士課程を置く大学院大学です。教員と学生の半数以上を外国人とし、教育と研究は全て英語で行います。OISTの教育研究活動は学際的で先端的なものです。

基本理念

設立目的

 沖縄科学技術大学院大学は、国際的に卓越した科学技術に関する教育及び研究を実施することにより、沖縄の自立的発展と、世界の科学技術の向上に寄与することを目的としています。

基本コンセプト

  • 世界最高水準:世界トップクラスの英知を結集し、世界最高水準の科学技術に関する研究及び教育を行います。
  • 柔軟性:政府の規制に沿った柔軟な組織運営を行うほか、政府の資金提供のもと、自主性と運営の柔軟性を保持し、世界トップクラスの大学を目指します。
  • 国際性:教員と学生の半数以上を外国人とし、公用語は英語とします。
  • 世界的連携:世界の、とりわけアジア・太平洋地域における科学者のネットワークの中心地として発展しながら、世界のトップクラスの大学や研究機関と連携して研究協力や共同研究を行います。
  • 産学連携:企業との共同研究や研究成果の産業化に取り組むことにより、企業の集積を促し、知的・産業クラスターを形成します。

沖縄科学技術大学院大学の特徴

  • 英語   :科学雑誌や国際的会議で使われる英語が、大学院大学の公用語です。
  • 国際性:学生と教員の半数以上は外国人となります。
  • 学際性:分野の壁を越えた共同研究や交流が推奨されており、単一の研究科・専攻のみを設けた博士課程プログラムや、キャンパスの設計にもこれが表れています。
  • 教育   :1名の教員に対して2名の学生という比率のもと、学生はトップクラスの教員による懇切な指導のもと博士号取得を目指します。
  • 研究助成金:OISTは日本でも類い希な学校法人で、国からの財政支援を受けながら、革新的なイニシアチブをとるべく自主性と運営の柔軟性が確保されています。
  • 立地   :沖縄は日本最南端の県で、めざましい経済発展をとげているアジアの中心地に位置する美しい亜熱帯の島です。アジアへの近さと、日本の成熟した経済発展を謳歌しています。
  • 環境   :OISTは職員・学生一人一人が大切にされ、秘められた可能性を最大限発揮できるような職場環境と教育の場を提供していきます。

沖縄科学技術大学院大学ホームページ引用

OISTの詳細については、「沖縄科学技術大学院大学HPをご参照ください。
 上記をクリックすると大学院大学のHPへ行きます。
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは企画課が担当しています。

〒904-0492 沖縄県国頭郡恩納村字恩納2451番地
TEL:098-966-1201  

ページのトップへ