国民年金とは

国民年金は、農・漁業従事者や自営業者、サラリーマンや公務員など、またその配偶者も含めた、20歳以上60歳未満の人で、日本国内に住所を有するすべての国民が加入し、歳をとったり、病気やケガで障害者になったり、生活の担い手が死亡して、母子家庭となった場合に、すべての国民に共通の基礎年金を支給し、生活の安定を図ることを目的としています。

老後を豊かに暮らすためには、経済的な裏付けと、生きがい、そして健康が大切です。
国民年金は、将来のゆとりある生活をするための公的年金です。国民年金へ加入する人は、次の3種類に分けられています。

第1号被保険者
農林漁業従事者・自営業・自由業者・学生・無職等が該当
自分で加入手続きを市区町村国民年金窓口で行い、個別に保険料を納めます。
第2号被保険者
会社員、公務員など厚生年金保険や共済組合等に加入している人
給料から天引きされ、勤務先が加入手続きを行い年金制度からまとめて納められます。個別に納付する必要はありません。
第3号被保険者
第2号被保険者に、扶養されている配偶者
日本国内に住所がない人を含めて第3号被保険者となります。保険料は、配偶者が加入している年金制度から国民年金に拠出金として支払われるため個別に納付する必要はありません。
ただし、第2号被保険者の配偶者でも相当の収入がある場合は(失業給付、年金等の収入が130万円以上(障害者180万円以上)第1号被保険者となります。

問い合わせ

村民課国民年金係へ 電話(098)966-1205

Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

このページは村民課が担当しています。

〒904-0492 沖縄県国頭郡恩納村字恩納2451番地
TEL:098-966-1205  

ページのトップへ