オニヒトデとは

オニヒトデとは・・・・

  • オニヒトデに刺された傷口の治療

    オニヒトデに刺された傷口の治療

  • ミドリイシ類を好んで食べる

    ミドリイシ類を好んで食べる

 
  • ウニやナマコと同じ棘皮動物(体にトゲトゲを持つ方々)の仲間です。 
  • 背面のトゲに毒があり、刺されると激しく痛みます。刺されたらトゲを抜き取り、病院にいくこと。 
  • 生まれて約2年で直径20cmを超え、卵を産めるようになる。産卵は夏で、大きな個体だと1年に1千万個の卵を産める体になります。 
  • 生まれたばかりのオニヒトデは2~6週間ほど海中を漂っています。 
  • 海底に下りた幼生は稚ヒトデとなり、サンゴモという硬い海藻を食べて育ちます。 
  • オニヒトデの寿命は7年くらいと言われています。 
  • ミドリイシが好き、ハマサンゴはあまり食べません 
  • 大きくなったオニヒトデを食べる生物はあまりいません。ホラガイが時々オニヒトデを食べています。 
  • 駆除活動中にサザナミフグやハマフエフキ(タマン)がオニヒトデの肉を食べにやってくることがあります。味は人間には食べられないほどまずいです。
 
  • 傷ついたオニヒトデを食べるサザナミフグ

    傷ついたオニヒトデを食べるサザナミフグ

  • オニヒトデの精子

    オニヒトデの精子

  • アオヒトデを捕食中のホラガイ

    アオヒトデを捕食中のホラガイ

  • 排泄されたオニヒトデの棘

    排泄されたオニヒトデの棘

海岸線
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ