観光スポットのご案内2

名所・旧跡を探訪

1975年に開催された国際海洋博覧会。この開催を機に、恩納村はサンゴ礁の広がる美しい海岸線などが、観光資源として注目され、一大リゾート地として発展してきました。
3,500年前のグスク時代の文化財が残る、歴史ロマンに満ちた文化の里、恩納村です。

万座毛(マンザモウ)

  • 万座毛全景
  • 万座毛記念写真
  • 万座毛観光客
  • 万座毛のおみやげ
  • 恩納ナビーの歌碑
  • 恩納ナビーの歌碑のアップ
「万座毛」とは18世紀初頭の琉球王・尚敬がこの地を訪れた際に、「万人を座するに足る毛」と讃えたのがその名の由来で、"毛"とは方言で原っぱのことを意味しています。万座毛内駐車場で    は、種類豊富なお土産販売店も軒を並べています。
また、18世紀初頭、恩納村の豊かな自然を背景に、多くのすぐれた琉歌を生み出した、恩納村を代表する女流歌人「恩納ナビー」の歌碑もすぐ近くに建立されています。

万座毛へのアクセス

那覇から車では、約1時間。
駐車場完備で、無料にてご利用いただけます。

沖縄宇宙通信所

  • 沖縄宇宙通信所全景
  • 沖縄宇宙通信所内部1
  • 沖縄宇宙通信所内部2
  • 沖縄宇宙通信所内部3
24時間体制で衛星からの電波をキャッチしている沖縄宇宙通信所には、パラボラアンテナの展示や、宇宙や地球環境についてパソコンと図書で楽しく学ぶことができる「宇宙情報ルーム」などがあります。

沖縄宇宙通信所へのアクセス

沖縄宇宙通信所
〒904-0402
沖縄県国頭郡恩納村字安富祖金良原1712
見学のお問合せ TEL 098-967-8211
開館時間:10:00~17:00
休館日:年中無休
那覇から車では、約1時間30分。
駐車場完備で無料にてご利用いただけます。

仲泊遺跡・国頭方西海道

  • 仲泊遺跡史跡
  • 国頭方西海道案内板
仲泊遺跡」は、4つの貝塚と1つの洞、比屋根坂石畳道からなる約3,500年前の遺跡です。この近辺は1609年の薩摩の侵攻時に琉球王府との戦いの場になったという伝説の地でもあります。ちなみに、この石畳道は明治末まで使用されていたそうです。
琉球王府時代(1429~1879)には、首里と各間切の番所をつなぐ主要道(宿道)が作られました。首里を起点にしたルートの中でも首里から浦添を経て、読谷山、恩納、名護、今帰仁へと北上する沖縄本島西側を通る宿道を「国頭方西海道」と呼んでいました。

仲泊遺跡・国頭方西海道へのアクセス

那覇から車では、約1時間。
駐車場完備で無料にてご利用いただけます。

恩納村博物館・山田の海岸

  • 恩納村博物館外観
  • 山田の海岸マリンスポーツ風景
恩納村博物館外観山田の海岸マリンスポーツ風景
独自の歴史と風土が育んだ先人の知恵と暮らしを伝える博物館。「恩納のくらし」ゾーンでは戦前から、本土復帰前までの恩納村のくらしの様子を、映像や解説を通して知ることができます。
また、「恩納のみち」ゾーンでは遺跡からの出土品が。沖縄と本土を結ぶ「海の道」があったことを物語っています。 

恩納村博物館へのアクセス

恩納村博物館
お問い合わせ先
〒904-0415 沖縄県国頭郡恩納村字仲泊1658-8
TEL 098-982-5112
開館時間 9:00~17:30
毎週月曜休館
那覇から車では、約1時間。
入館料金は、一般100円・大学生専門学校生50円・小中高校生30円です。駐車場も完備しております。

恩納村山田付近から北へと延びるお散歩コース。

恩納村山田付近から北へと延びるお散歩コース。
  • 緑の回廊 風景写真1
  • 緑の回廊 風景写真2
  • 緑の回廊 風景写真3
  • 緑の回廊 風景写真4
  • 緑の回廊 風景写真5
  • 緑の回廊 風景写真6
  • 緑の回廊 風景写真7
  • 緑の回廊 風景写真8
  • 緑の回廊 風景写真9
  • 緑の回廊 風景写真10
  • 緑の回廊 風景写真11
  • 緑の回廊 風景写真12
  • 緑の回廊 風景写真13
  • 緑の回廊 風景写真14

このページは商工観光課が担当しています。

〒904-0492 沖縄県国頭郡恩納村字恩納2451番地
TEL:098-966-1280  

ページのトップへ