※翻訳はgoogle自動翻訳機能を利用しています。不自然な文面がありますが、ご了承ください。

青と緑が織りなす活気あふれる恩納村

Powered by Google
TRANSLATE
ホーム » 恩納村で暮らす » 福祉健康課 » こども医療助成
 
 
こども医療助成制度のご案内

≪平成27年4月受診分より、通院対象年齢を中学卒業まで拡大します≫
こども医療助成制度とは
医療保険の適用を受けて支払った自己負担分(調剤・歯科診療分を含む)の一部を助成する制度です。
※予防接種や健康診断、入院時の病衣代、おむつ代、薬の容器代、消費税などの保険適用外(自費)の分は対象になりません。
〇対象者
①恩納村に住所を有していること
②健康保険に加入していること
③生活保護法による保護を受けていないこと
④他の法令又は制度等に基づき医療費の助成を受けていないこと

〇対象となる期間
通院・入院:出生から中学卒業まで(15歳の誕生日前日以後最初の3月31日までの診療分)
※転入者については、転入日より該当となります。

〇資格取得申請に必要なもの
①対象となるお子さんの医療保険証
②保護者名義の普通預(貯)金通帳
③保護者のハンコ(印鑑)
④加入医療保険の被保険者の所得課税証明書 ※転入者等で恩納村で確認ができない場合

〇助成方法
①平成26年4月1日からの診療分につきましては、「自動償還方式」による助成方式となります。ただし、県内各医療機関で受診の際、こども医療費助成受給資格医者証(オレンジ色)の掲示が必要となります。
※平成26年4月1日以降の受診分についても、福祉健康課窓口で手続きを行っていただく場合があります。詳しくは、下記の「自動償還方式」(詳細については下記の自動償還方式 表・裏をクリックして下さい。)クリックして下さい。
②領収書の申請は、診察日の翌月以降1年以内となります。

〇その他
①加入保険・口座・名前等に変更がある場合は、福祉健康課窓口にて変更届の提出が必要です。
②育成医療費等の公費負担分(保険適用分)については、自己負担額分を助成します。
③未熟児養育医療については、恩納村福祉健康課に「委任状」を提出していただくことにより、自己負担金の支払いが不要となります。
④高額療養費・家族療養付加金の適用がある場合は、各加入保険からの決定通知書を持参して下さい。その分を除いた金額を助成し  ます。各加入保険での手続きになります。
⑤領収書の申請は、診察日の翌月以降1年以内となります。

〇自動償還方式 表
お問い合わせ
恩納村役場 福祉健康課
TEL: 098-966-1207
pdf_icon.gif PDFファイルをご覧になる際にはAdobe Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobeのページからダウンロードできます。