1. 麻しん(はしか)予防接種助成の対象年齢・医療機関を拡大しました!

麻しん(はしか)予防接種助成の対象年齢・医療機関を拡大しました!

最終更新日:2018年04月18日

沖縄県内、麻しん(はしか)流行中です
恩納村行政措置予防接種を実施します


沖縄県内で平成30年3月23日に平成26年以来となる麻しん患者が発生し、その後もさらに感染が拡大しています。
麻しんは非常に感染力が強く、免疫力のない人(麻しんに罹ったことがなく、予防接種を受けていない人)は同じ空間にいると感染する可能性があり唯一の予防方法は予防接種です。
恩納村では、定期予防接種の未接種者等に対して、行政措置予防接種を実施します。
 
【行政措置予防接種対象者】※恩納村に住所を有する①~③の者
①生後6ヶ月~1歳の誕生日の前日まで
②平成25年4月2日生~2歳児で第1期未接種の方
③昭和52年1月1日生~平成24年4月1日生(小学校1年生)でこれまでに2回接種したことがない方
(※罹患したことのある者を除く)
 
【実施期間】
平成30年3月23日~6月30日(県内麻しんの収束状況等により延長する場合もあります)
【接種費用】
無 料1回のみ※すでに自己負担で接種された方は、5月1日以降より払い戻しいたします。
【医療機関】
県内医療機関
【接種方法】
医療機関へ事前に予約し、下記のものを持参してください。
○母子(親子)健康手帳・・・子どもの場合
○身分証・・・住所と生年月日が確認できるもの(保険証や免許証)
テキスト ボックス: 【行政措置予防接種について】
行政措置予防接種とは、予防接種法に基づかない法定外の予防接種であり、恩納村が独自で行う予防接種となります。そのため、予防接種による健康被害が起きても、予防接種法に基づく救済を受けることができません。
行政措置予防接種に起因して健康被害が起きた場合は、予防接種事故災害補償に関する規定に基づく補償を受けることができます。そのほか独立行政法人医薬品医療機器総合機構に対し、疾病に対する医療費等の請求ができますが、その請求は健康被害を受けた本人またはそのご家族が直接行うことになります。
これらの点を十分にご理解の上、接種の判断をお願いいたします。

 
 
 ご家族、ご友人、お知り合いに対象者がいましたら、周知にご協力お願いします。
問い合わせ:恩納村役場 福祉健康課 ☎098-966-1207
 

ページのトップへ