昭和32~昭和37

年代(昭和) 人口(人) 村長 こ と が ら
32. 4/ 6   津嘉山朝信 喜瀬武原小学校が、安富祖小学校喜瀬武原分校から部落西方の高台に独立する。
(初代校長、玉木清仁氏発令)
32. 4/15   議会議員久田友正外3名の辞職に伴い、特別選挙を行ない、無投票で次の4名が当選する。
棚原栄吉(塩屋)
屋良朝久(山田)
当山慶信(安富祖)
仲村好栄(名嘉真)
32. 8/   日露戦争以来太平洋戦争までの国難に殉じた英霊464柱を合祀する護国之塔が、恩納地内の嘉真良原、保安林内に8月8日に建立、謹んでその冥福を祈ると共に世界永遠の平和を祈念し奉る。
33. 3/17
(1958年)
  立法院議員(第6区)に津嘉山朝信氏(村長、辞職)が無所属で立候補、激しい選挙戦で当選する。
33. 4/13   津嘉山朝信村長の立法院議員立候補の辞職で村長選が行なわれ、無投票で伊波得成氏が当選する。
33. 9/   伊波 得成 行政需給が増えるにしたがって、現在の木造瓦葺(42坪)の庁舎では、これに対応し難く、かねてから建設中だったRC(鉄筋コンクリート)二階建、延148坪の新庁舎が落成する。
33. 9/14   議会議員の任期満了に伴い、一般選挙を行ない、無投票で次の16名が当選する。
仲村好栄(名嘉真)
国吉真吉(喜瀬武原)
当山慶信( 安富祖)
当山安吾(瀬良垣)
当真嗣栄(太田)
大城保光(恩納)
大城保行(恩納)
佐渡山安善(南恩納)
石川元嗣(谷茶)
仲村兼蔵(冨着)
平安名盛光(前兼久)
島袋順助(仲泊)
屋良朝久(山田)
安富祖豊長(真栄田)
棚原栄吉(塩屋)
小渡山光(宇加地)
34. 3/
(1959年)
  村で初めて、簡易水道が山田部落に設置される。この水道施設は、高等弁務官の地域開発資金補助3,333ドルの交付を受けて施設したもので、従来の井戸水使用から河川表流水を濾過浄水した衛生的な水を給水する。この弁務官資金補助によって、昭和41年度までに12ヶ部落に水道を設置する。
34. 3/   教育委員の選挙が無投票で次の5名当選する。
島袋知長。伊芸安吉。吉山盛太、玉那覇仁栄、伊波得成(任命)
34. 7/   村単独土木事業を初めて施行する。産業課に技手2名に書記1名を配置し、農業基盤整備事業の名嘉真用水路外14件を施行する。
35. 2/11
(1960年)
  恩納岳を中心に山火事が発生3日間燃え続け約119万平方米(推定)が焼かれるという火災史上例のないもので、その原因は米軍の演習による。
35. 3/   土地改良事業の計画により、安富祖土地改良組合(組合長、金城利吉)を設立する。この事業は、経済局開拓課と同組合が事業主体で政府 営事業と、組合営事業とに分けて施行され、5ヶ年で事業が完了する。
35. 9/16   字恩納部落が、住民教養の殿堂公民館(館長伊波得吉)120坪、工事費15,000ドルが、村で初めて落成する。
35.10/9 8,133人 健康上の理由で、伊波村長の辞職に伴い、村長選挙に無投票で島袋順助氏当選する。
36. 3/
(1961年)
8,236人 島袋  順介 教育委員2名の選挙に無投票で次のとおり当選する。吉山盛太(塩屋)。玉那覇仁栄(仲泊)。教育委員は、教育法(米国式)の定めるところにより5名で構成されていて、その任期は、各委員共4年となっているが、5名が同時の任期で選挙されることでなく(最初は同時に5名の選挙)3名と2名とに区別されていて、今回の選挙がその後者2名である。次の2ヶ年目には、3名が選挙されるという仕組みで、したがって教育委員の選挙は2ヶ年おきに行われた。
36. 6/28   熱田部落は、村内でも井戸水の水質が悪く飲料水に不適当とされていて、それに安富祖小中学校が所在するなかに、児童生徒の健康衛生が最も憂慮されているところ、幸いに高等弁務官資金補助と教育委員会の補助とによって河川表流水による簡易水道がここに完成し各戸及び学校への給水が一せいに開始する。
37. 4/ 1
(1962年)
  恩納中学校を恩納小学校に合併し、恩納小中学校となる。(校長に福地蔡元氏発令)
安富祖小中学校から喜瀬武原の中学校を喜瀬武原小学校に合併して、喜瀬武原小中学校として独立する。(校長に糸数元信発令)
37. 9/14   村議会議員の任期満了に伴い一般選挙が無投票で次のとおり当選する。
東幸栄(山田)
外間現録(喜瀬武原)
山城満(恩納)
宮平明緑(塩屋)
玉城盛吉(南恩納)
古波蔵清一(仲泊)
2.○.平安名盛光(前兼久)
2.△.大城保行(恩納)
古波蔵清仁(仲泊)
石川盛一(谷茶)
1.○.仲嶺康輝(名嘉真)
大城保光(恩納)
1.△.当山慶信(安富祖)
当山松雄(瀬良垣)
長浜長貞(真栄田)
小渡錫搭(宇加地)

注=
1.○ その任期中1番目の議長   
2.○ その任期中2番目の議長
1.△ その任期中1番目の副議長
2.△ その任期中2番目の副議長
 
Adobe Readerをダウンロードする(別ウィンドウ)

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ